2009年02月24日

生ゴミを堆肥にすれば経費が安くなるだけでなく肥料になります。

ホームセンターやらなんやらのお店に行けば色々な堆肥が売られておるけどダンはん、いつも購入しとると年間の費用が結構かかってしまいまんねんわ。ほんで毎日出る生ゴミを堆肥にすれば経費が安くなるだけでなく環境にもええので一石二鳥や。用意するのは生ごみと発酵させるための堆肥材、ほんでそれらを入れる容器、これだけや。この他に発酵を促進させるための発酵材が加わる程度や。

堆肥材に関しては庭土でもかまいまへんし、EMボカシを用いると庭のない家庭でも簡単に堆肥が作れまんねん。EMボカシを用いた生ごみ肥料の作り方を説明しまんねん。まず水切りした新鮮な生ごみを容器に入れまんねん。

当然やけどアンタビニールやタバコは入れへん。卵の殻・貝殻はカルシウムになるので小さく砕いて入れまんねん。その上にEMボカシを均一に振りかけまんねん。これをよくかき混ぜ、空気を遮断するため、ビニール袋をごみの上にかぶせ、上から押してごみの中の空気を出しまんねん。

ほんで容器に空気が入りまへんように、フタをしっかり閉めて日のあたりまへん場所へ置きまんねん。これを生ゴミが出るたびに容器がいっぱいになるまで繰り返していくわけやけどアンタ、発酵していくと液体が底に溜まってくるので、まめに取り除きまんねん。

夏であれば1週間、冬なら2週間で発酵が完了、生ゴミ堆肥の出来上がりや。最初のうちは発酵にシッパイしたりしてうまく作れへんかもしれまへんが、そのときは畑のなあんも栽培しておらへん場所に埋めてしまいまひょ。畑の微生物の力で自然と肥料になってくれまんねん。
  


Posted by mitafuyou at 21:35Comments(0)

2009年02月16日

米ぬかでの肥料を作る方法?

米ぬかは、玄米を精米して白米にした時に除去される部分(種皮・胚芽)を指しまんねん。米を食べる場合には捨てられることが多い部分やけどアンタ、栄養価がどエライ高く、昔からぬかみそに利用したり、米ぬか油を取ったりされていまんねんわ。

この米ぬかやけどアンタ、肥料としての成分にも富んでいるため、ただ捨てるのはどエライもったおらへんや。せやけどダンさん、米ぬかをそのまんま畑にまくと虫が大量発生したり、発酵によって熱やガスが発生しさまざまな障害が発生するため、発酵させてから使用した方がよいでっしゃろ。米ぬかをEM菌で発酵させたEMボカシ肥料の作り方をご紹介しまんねん。まず用意するものは軽量カップ、密封容器、黒ビニール袋、大き目の容器、ジョウロや。

EMボカシ肥料の材料は、米ぬか4kg、油粕1.5kg、魚粉1.5kg、お湯600cc、糖蜜10cc、ほんでEMが10ccや。まず米ぬか、油かす、魚粉を入れてよく混ぜ合わせまんねん。次に一昼夜汲み置きした水道水を40℃程度に温めて、糖蜜、EMを加えて混ぜ合わせまんねん。 糖蜜、EMの入ったお湯をジョウロで 米ぬか、油かす、魚粉にふりかけてよく混ぜ合わせまんねん。

混ぜ合わせたものを米袋に入れ、黒ビニール袋で二重に密封しまんねん。天気のええ日はビニール袋のまんま直射日光にあてて温度を上げ、夜は家の中にいれまんねん。冬季は湯たんぽをして、毛布で包み初期温度を上げるようにしまんねん。4~5日で甘酸っぱい発酵臭がしてきまんねん。そのまんま一週間程置いてできあがりや。このボカシを堆肥といっしょに混ぜ込んで元肥として利用しておくんなはれ。この材料はあくまで一例やので、配合をいろいろと試してみてはいかがでっしゃろ。
  


Posted by mitafuyou at 18:57Comments(0)