2008年12月30日

家庭菜園の際の土作り

家庭菜園に限ったことではおまへんが、植物を育てるのに重要になってくるのが土や。作る野菜によって適した土がちゃうので、まず作る野菜を決め、その作物に合った土を作ることが必要になるんや。自然農法ちう方法では、土壌と植物の力だけで人の手を加えず栽培しまっけど、下準備のためにある程度の土作りを行う場合もあるようや。

このようなよい土で育った野菜は病気や害虫にも強く、もちろん味もよくなるんや。土作りで重要なことは土壌酸度、通気性、排水性、保水性、保肥性を野菜にあわせることや。家庭菜園を行う場合、一般的には野菜作りに適しとるといわれる黒土を使う場合が多いや。せやけどダンさん黒土は排水性が悪いので、腐葉土やらなんやらを混ぜて排水性を上げてやる必要があるんや。

また土壌によっては酸度が強いので石灰を与えて中和してやるんや。ほんで保肥性を高めるために腐葉土や堆肥を混ぜてやるんや。せやけど、これらの土作りが完璧でも害虫がいたさかいはどうにもなりまへん。害虫の駆除は、冬の間に土を掘り起こし、寒気や風雨にさらしやるとええでっしゃろ。

このときいっぺんに堆肥をまいて土作りも行えば、春には堆肥がなじんだ土が出来上がっとるでっしゃろ。土が出来上がったら、育てる野菜に合わせた肥料を混ぜていきまんねん。主な肥料は窒素、リン酸、カリの3種類や。これらの肥料は野菜にあわせて混ぜてあるものが売られておるけどダンはん、土壌との関係で不足してしまう養分もあるさかいに、それらを補えるよう、畑の状態を調べて起きまひょ。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。